ギークなエンジニアを目指す男

基幹系SIerがWeb系とかネイティブ系の知識を蓄えようとするブログ

SwiftのNSString型を勉強しました。

備忘録がてら、NSStringのメソッド紹介。

playgroundでの実行をそのままコピペするので、見づらかったらごめんなさい。笑

 

// string

var str = "Hello"

->"Hello"

// 文字列の結合

var newString = str + " Rob"

->"Hello Rob"

 

// 文字列のループ

for character in newString.characters {

    print (character )

}

->

H

e

l

l

o

 

R

o

b

 

// NSStringだけが備えているメソッドがあるため、NSStringに変換

var newTypeString = NSString(string: newString)

->"Hello Rob"

// Indexまでの文字列を表示

newTypeString.substringToIndex(5)

->"Hello"

 

// Indexからの文字列を表示

newTypeString.substringFromIndex(5)

->" Rob"

 

// From Toを指定して文字列の抽出

newTypeString.substringWithRange(NSRange(location: 3, length: 5))

->"lo Ro"

 

// 文字列の中に引数の文字があるか判定

if newTypeString.containsString("Rob"){

    // Rob is there

    print("Rob is there")

}

->"Rob is there\n"

 

// 文字を切り分ける

newTypeString.componentsSeparatedByString(" ")

->["Hello", "Rob"]

 

// 大文字、小文字に変換

newTypeString.uppercaseString

->"HELLO ROB"

newTypeString.lowercaseString

->"hello rob"

 

いろいろな関数があって勉強になりました。