ギークなエンジニアを目指す男

基幹系SIerがWeb系とかネイティブ系の知識を蓄えようとするブログ

switfでHTTP通信をしてみる。(POSTだぞ)

みなさんこんばんは。

今日はスタバに来ております。

 

最近土日もバタバタしており、まとまった時間が取れずに全然アプリ開発できていませんでした。

今日は前回からの続きで、swift→php→DBといった感じのユーザ情報登録処理を実装していきます。

 

obj-cでは実装したことのある上記処理

swiftでも変わらずに行えました。

 

今回は、swiftで画面上に入力されたユーザの情報をHTTP通信を行い

DBに保存するという流れです。

 

★swift側の実装

  1. // DBにユーザ情報を登録する
  2.         let url = NSURL(string: "http://各自のファイル名.php")
  3.         let config = NSURLSessionConfiguration.defaultSessionConfiguration()
  4.         let session = NSURLSession(configuration: config)
  5.         let req = NSMutableURLRequest(URL: url!)
  6.         req.HTTPMethod = "POST"
  7.         req.HTTPBody = "user_id=0000001&user_nm=TAXA&sns_id=TEST&prof_img=TESTIMG&gender=man&url=http&email=gmail&account_typ=9".dataUsingEncoding(NSUTF8StringEncoding)
  8.         let task = session.dataTaskWithRequest(req, completionHandler: {
  9.             (data, resp, err) in
  10.             print(resp!.URL!)
  11.             print(NSString(data: data!, encoding: NSUTF8StringEncoding))
  12.         })
  13.         task.resume()

 

 req.HTTPBody = "user_id=0000001&user_nm=TAXA&sns_id=TEST&prof_img=TESTIMG&gender=man&url=http&email=gmail&account_typ=9".dataUsingEncoding(NSUTF8StringEncoding)

の部分でphpへ投げる引数の設定を行っています。

上記の場合、user_idとして0000001, user_nmとしてTAXAを設定。

 

 

php側の設定

  1. // クエリーからのデータ取得
  2. $pUSER_ID = $_POST["user_id"];
  3. $pUSER_NM = $_POST["user_nm"];
  4. $pSNS_ID = $_POST["sns_id"];
  5. $pPROF_IMG = $_POST["prof_img"];
  6. $pGENDER = $_POST["gender"];
  7. $pURL = $_POST["url"];
  8. $pEMAIL = $_POST["email"];
  9. $pACCOUNT_TYP = $_POST["account_typ"];

 

上記変数に値が設定されるので

あとはInsert文やらUpdate文を発行して、指定のDBへ向けて実行してやれば良い。

 

意外に簡単に実装できて感動です。

f:id:taxa_program:20160612152330p:plain

 

 

今回はこのあたりで。

 

 

前回記事は下記から 

taxa-program.hatenablog.com