ギークなエンジニアを目指す男

SIerが機械学習系の知識を蓄えようとするブログ

MENU

BitbucketへのSSH認証鍵登録方法

今回はRailsチュートリアルで出てきた、BitbucketへのSSH鍵登録方法をまとめておきます。

GitHubとBitbucket

下記の様な違いがありますが、サービスの内容としては一緒です。

GitHubとBitbucketは、Gitリポジトリを扱う2つの著名なサービスです。
両者のサービスは非常に似通っています。 どちらもGitリポジトリホスティングと共同作業を行うことができ、 リポジトリの表示や検索を行いやすくしてくれます。 GitHubは「リポジトリを一般公開する場合は無料、公開しない場合は有料」なのに対し、 Bitbucketは「共同作業者が一定数以下ならリポジトリを公開しなくても無料、共同作業者が一定>数を超えると有料」である点です。なお、どちらも容量制限はありません。

下記からユーザ登録が行えます。

bitbucket.org

公開鍵の作成

※環境はMacBookPro macOS High Sierraで行っています※

下記コマンドで.sshを作成

$ install -m 0700 -d ~/.ssh

作成した階層へ移動

$ cd ~/.ssh

公開鍵を作成
ここで2点ほど注意が
メールアドレスは各自のアドレスへ変更すること
パスフレーズは何も入力せずにEnterで進めること

$ ssh-keygen -t rsa -C test@gmail.com
Enter file in which to save the key (/Users/xxxxxxxx/.ssh/id_rsa): 
Enter passphrase (empty for no passphrase): 
Enter same passphrase again: 

Enterを計3回押します。

ここでlsコマンドを実行すると、

$ ls
id_rsa      id_rsa.pub

が表示されるはずです。

下記コマンドで、公開鍵をクリップボードへコピーすることができるので、後述する箇所へ貼り付けてください。

$ cat ~/.ssh/id_rsa.pub | pbcopy

BitbucketへのSSH鍵登録方法

Railsチュートリアルの資料が少し古かったため、最新のをこちらへ載せておきます。

ログイン後、ダッシュボードの左したのユーザアイコンからBitbucket設定をクリック f:id:taxa_program:20180105142227p:plain

SSH鍵から鍵を追加をクリックし、上記で作成した公開鍵を貼り付ける。 f:id:taxa_program:20180105142502p:plain

以上で公開鍵の登録が行えたと思います。

この後の手順はRailsチュートリアルを参考に行えると思います!!